読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こたつねこの勉強部屋

独学の記録。

カウンター

情報サービス演習と情報資源組織演習の注意点

 今回は「情報サービス演習」と「情報資源組織演習」を受講する際の注意点について照会しようと思います。

 

この2つの科目はスクーリング科目です。スクーリングについての説明は以下の記事で紹介しています。

kotatu.hateblo.jp

 

この2科目は受講申し込み条件というのがありまして、入門科目にあたる科目のレポートを提出してから出ないとスクーリングやメディア授業に受講申し込みできません。「情報サービス演習」受講申し込みのためには「情報サービス論」のレポートを、「情報資源組織演習」のためには「情報資源組織論」のレポートをそれぞれ提出している必要があります。

 

「情報サービス演習」と「情報資源組織演習」は「スクーリングについて」で書いたようにメディア授業で取得する方が費用、日程の負担が少ないです。しかし年に2回しか開講されず、受講申し込みの期間も2週間しかありません。しかもその申し込み期間は4月の頭と10月の頭です。4月入学生、10月入学生がこの期間に申し込むためには2週間中にレポートを提出して受理されたことを確認し、なおかつ受講申し込み申請を郵送あるいはKULeD上で行わなければなりません。

余裕のある方は入学手続きを早めに済ませ、教材をできるかぎり早急に手に入れて入学の段階でレポートを完成させておくことをお奨めします。入学手続き自体は早めにできたはず、そうすれば教材の発送も早くなります(詳しくは事務局に問い合わせてみてください)。

 

私はギリギリの入学だったため間に合いませんでした。1年で卒業を目指す場合、1回目の受講申し込みを逃すとメディア受講のチャンスはあと1回しかなくなります。その1回に落ちた場合は卒業を半年延ばすか、スクーリングに出かけて面接授業を受けるかどちらかになるので負担が増えてしまいます。この情報を知った人が余裕のある受講計画を立ててくれることを願います。