読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こたつねこの勉強部屋

独学の記録。

カウンター

メディア授業① または京都でのスクーリングと費用の話

 私は「情報サービス演習」と「情報資源組織演習」の2科目を面接授業(スクーリング)でなく、メディア授業で受講しました。本来スクーリングとして授業を学校まで受けに行かなければならない科目をコンピュータでの動画配信を利用することで自宅で受講することができるのでまとまった時間が無い人にお奨めです。

 またスクーリングの費用は次のようになっています(2015年度)。

 

          本校で     学外会場で      メディア授業

情報サービス演習  8000円   12000円     12000円

情報資源組織演習  10000円  15000円     12000円

 

本校である近畿大学で受講するのが最も安く見えますが、大阪までの旅費や宿泊代を考えると大阪近辺に住んでいない人にとっては総費用は本校スクーリングが最も割高になるはずです。

上記のスクーリングは3日間かかるので、3泊4日の旅費を確保しないといけないのですから。

特にスクーリングの行われる日は近辺のホテルや宿泊施設は混み合いますのでぐずぐずしていると安めの宿は予約を取ることができなくなってしまい、やむおえず高い部屋を予約しなければならないなんてことも。

 

これは近畿大学でなく佛教大学時代の体験ですが、お盆に京都に1週間宿泊しないと単位を取れないスクーリングがありました。ただでさえ混み合うお盆という時期に1週間も宿を確保しないといけない…ホテルに1週間というのはさすがに予算に見合いません。そこでウィークリーマンションを借りる事にしたのですが、安い部屋はことごとく埋まっており、最終的に3部屋+ダイニングキッチンという家族旅行にでも使えそうな部屋を1人で1週間借りる事になってしまいました(予算はギリギリ、ただ広い部屋を贅沢に使えてわくわくしたのも確かです)。

 

この1件で賢くなった私はその後のスクーリングはなるべく早くウィークリーマンションを押さえるように動きました。結構安くていいお部屋があるものです。ホテル+マンションといった物件もあり、旅行にもちょうどいいなーと思ったり。

その1つがこちら

京都のウィークリーマンションシードイン二条

長めの京都旅行にはいいかも…

 

 

だいぶ脱線してしまいましたが、スクーリングは受講代以外にも結構お金がかかるということです。その分友達を作ったり旅行気分を味わえたりという利点もありますが。

それに対しメディア授業は受講費以外では教科書代とパソコンの電気代がかかる程度。

とてもお財布に優しいのです。