読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こたつねこの勉強部屋

独学の記録。

カウンター

保育士試験のために使った教材をありのままに書く 保育士試験対策の通信講座を探せ

保育士試験 勉強節約術

で、実際保育士試験合格のためにどのような勉強をしたのかを具体的に書こうと思います。

 

まずとりあえず通信講座を一つ抑える。

 

完全な独学が一番お安いんですが、怖いのは最新情報の取得に遅れることでした。法改正が試験のちょっと前に行われたりしても、気が付かないかもしれません。それに勉強上なんらかの疑問が出てきたとき誰かに聞きたくなるかもしれない…

そして、最低限どんな勉強をすればいいか、羅針盤になってくれるものがほしい。

そこで、とりあえず保育士試験対策の通信講座を一つ選んで受講してみることにしました。

私が選んだのはここ↓

www.tanomana.com

まあ、結局決め手は値段だったんですが…。

 スクールの一括検索ができる「ケイコとマナブ」を使い、「保育士」で検索すると大量に講座がヒットすると思います。ここで値段やサポートを比較できます。試験合格に自信がない人はここで通信大学の保育士養成コースを探してもいいと思います。お値段は20万程度、学習期間は2年ほどかかりますが、卒業=資格取得が可能。

 

どこでも有名な通信講座大手のユーキャン、保育士試験対策としては大手の四谷と迷いましたが、なんせ四谷は料金が高い。ユーキャンに関しては本屋で参考書や問題集が手に入る。合格実績で講座を選ぶ、という指針を見たことがありますが、どの講座の合格率も似たり寄ったりですし、サービスも資料を見る限りではあんまり違いが判りません。どこも自分の講座はよく書いてありますからね。どこかにごまかしがあるのかもしれませんが、我々にはわかりません。じゃあごまかされないのはどこかっていうとやっぱり値段だけなんだーと思って一番安いところにしました。

 

とどいた教材は実はいまいちでした。オリジナルテキストってやつが重要事項を淡々と並べてあるだけの薄っぺらいノートで、DVDとCDはこのテキストを読んでいるだけの内容。あんまり勉強する気が起きない…。頼りになったのは同梱されていたオリジナルじゃない方の教科書。

 

 

9科目が2冊にまとまっていて、便利。とりあえずこれをざっと読むことから勉強が始まりました。巻末の重要なところが赤字になって赤シートで消せるようになっている「保育所保育指針」も役に立ちます(現在たのまなではこれとは別の教科書を使っているようですが)。あと、絵がかわいいw

 

それからこちらもオリジナルじゃないんだけど同梱されていてとっても役にたった問題集です。

 

まず、教科書の方をざっと読んで、その部分を一問一答で確認する。教科書で流し読みをしてから一問一答で確認する。間違えたところは教科書に戻ると、次はその部分を精読できる。そして、一問一答に書き込み(次は教科書を見なくてもいいように)。寝る前の10分、必ず一問一答をやってみるという流れです。

 

 

ちなみにたのまなは質問にはちゃんと答えてくれましたし、試験前の法改正にかんしては追加のプリントを発行してくれました。2次試験の対策ではお世話になりましたし、自分がしてほしかった最低限のことは満たしてくれたと思っています。「この講座にすべておまかせ」という人向けではありませんが、「足りないところは自分で補いたい」という人にはいいと思いますよ。(でも、読み聞かせ用の絵本はいらないかなあ。図書館で自分に合った絵本を探したほうがよさそうです。)