こたつねこの勉強部屋

独学の記録。

カウンター
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

社会人学生になったら…Amazonの学生向けサービス、prime studentを試そう

このブログのトップでも紹介している、Amazonの学割サービスともいえるprime studentについて詳しく説明します。

 

1.prime studentの対象者

 prime studentは学生版のAmazonプライムサービスです。対象者は次の条件をすべて満たす人です(参考元:Amazon.co.jp ヘルプ: Prime Studentに登録する)。

・日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生
・対象校の学籍番号を持っている
Amazon.co.jp のアカウントを持っている
・会員費を払うためのクレジットカードやデビットカードを持っている(au walletカードでもOK。携帯決済でも支払うことができます)。
・Eメールでprime studentのお知らせを受け取っともよいという人
・未成年は親権者の同意が必要

詳しくは参考元のリンクを見てください。

我々、社会人学生にとって悩ましいのはこの規定に当てはまるのかどうか。「通信制大学も大学に入るんですかー?」「科目履修生で、本科生じゃないんだけど…」とお悩みの人、

大抵の場合大丈夫です!

私が最初にprime studentを利用したのは、近畿大学の科目履修生として社会人学生をやっていた時でした。この時はネットで登録を完結させるには近畿大学の学生向けメールアドレスが必要でした。

通信教育大学の多くはWEBサービスが充実しており、学生向けのメールアドレスも発行してくれているので、登録できるはずです。またアマゾンに問い合わせたところ、Eメールアドレスがなくとも、学生証の画像を送付するなどの手段で登録が可能であるとのこと。

もし、自分の大学が登録対象なのかどうか心配だという人は、一度アマゾンのカスタマーサービスに問い合わせてみてもよいでしょう。アマゾンヘルプのチャットサービスを使うと、手軽に回答を得ることができます。 

 

2.prime studentでできること

prime studentでできることはたくさんありますので、その中でもお勧めのサービスをご紹介します。

その1 お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題!

お急ぎ便を使うと最速で商品を届けてもらえますし、日時指定便なら配達時間帯を指定することができます。これらは本来有料オプションで360円~640円程度の料金が発生するサービスなのですが、prime student会員期間は無料で何度でも使うことができます。レポート作成時に必要な参考書、試験に持っていきたい時計機能だけの腕時計などなるべく早く届いてほしいものが多い人にはお急ぎ便が、仕事で忙しいなか勉強にも励む人には帰宅時間に荷物が届く日時指定便がとっても便利です。

その2 ポイントがザクザクたまる10%ポイント還元

アマゾンで本を買うと10%がポイントとして還元され、次の購入時に使うことができます。教科書、参考書の価格は高いので、アマゾンでこれらをそろえるとすると漫画数冊ぐらいはポイントで買えるようになります。ちなみにコミックや雑誌を買ったときは10%のポイント還元は適応されません。学生なんだから、漫画ばっかりよんでないでちゃんと勉強しなさいよってことなんでしょうか( ´艸`)

その3 Prime Readingで、たくさんのkindle本を読み放題

prime studentに登録すると使えるようになるPrime Readingでは、多くのkindle本を無料で読むことができます。kindle本はkindle端末を持っていなくても、スマホやPCで閲覧可能。本の種類は、実用書から小説、はたまた漫画や雑誌も含め多種多様。どんな本が読めるのかは随時入れ替わっているようですから、興味がある人は以下のリンクからチェックしてみてください。

www.amazon.co.jp

 その4 Prime Videoで、映画もアニメも見放題

Prime studentに登録すると使えるようになるPrime Videoでは、多くの映画やアニメを無料で見ることができます。私が最近見たのは庵野監督の「ゴジラ」、実写版の「銀魂」、不屈のホラー名作「エクソシスト」、大人に見てほしい魔法少女もの「まどか☆マギカ」、どんでん返しのストーリーにはまる「エスター」など...。有名作、話題作がずらずらでてきて、普通の動画配信サービスなら完全に有料だと思われるものが並んでいます。本当に無料で見ていいの?と驚きながら楽しむことができますよ。

ラインナップはこちらからチェックしてみてください。

www.amazon.co.jp

 その5 Prime Musicで、勉強中のBGMを確保

Prime studentに登録すると使えるようになるPrime Musicでは、100万以上の楽曲を無料で聞くことができます。さまざまなプレイリストが提供されているので、気分にあったものをセレクトすれば、勉強中の最適なBGMになります。またラジオ機能ではPrimeMusic対象の曲をジャンル別にランダム再生してくれますので、「曲を探すのが面倒だ」「途中で音楽がストップすると勉強もストップしてしまう」という人にもお勧めできます。別途料金を払うとPrimeMusicUnlimitedという上位プランに移行でき、こちらは4000万以上の楽曲が聞き放題!この上位プランはprime会員だと少し値引きされた会員費で登録することができます。

その6 学生価格でPCソフトを入手

Amazon学割ストアで提供されているPCソフトをお得なprimestudent会員価格で購入することができます。セキュリティソフト、MicrosoftOfiice、AdobeCCなどの大変たかーい商品を学割価格で購入できるチャンス!各ソフトの公式ホームページで購入する前に、アマゾンのページをチェックしてほしいです。PCソフトを買うなら、Primestudent会員資格を持っている間が、絶対お得です。

 

その他にもprimestudentのサービスはいくつもあります。気になる人は下記リンクをみてくださいね。

Amazon CAPTCHA

 

3.prime studentの利用料金

 prime studentは最初に登録する人には無料体験期間が設けられています。

無料体験できる期間はこのブログを書いている時点では、6か月!半年もの間、無料でprimeサービスを利用することができるわけです。

もちろん 、無料体験期間の間に解約してしまえば、一切料金を払う必要はありません。(ただし一度無料会員期間に解約すると、再登録しても無料体験を続けることはできません。期限ぎりぎりまで無料体験期間を楽しみましょう。)

また、無料体験後に有料会員に登録したとしても、料金はとてもお得。

本来のAmazonプライムサービスは年間3900円(税込)、もしくは月額400円(税込)で利用することができるサービスですが、学生の場合これらを半額で利用することができます。

つまり、年間3900円→年間1900円(月額にして158円)

    月額400円→月額200円

という学生向けの割引料金でサービスを利用することができるというわけです。

更に!

2018年9月の段階では、無料体験期間後に有料会員に移行するとその2週間後に使える2000円のクーポン券がもらえます。月額会員に1か月だけ登録して、2000円クーポンをもらう!というのも一つの手ですね(アマゾンのprime student登録特典の内容は実施時期によって変わります。なにがしかのキャンペーンは常時やっているみたいなので、会員登録する前にチェックしてみてください。ちなみに私が登録したときは、無料体験登録するだけで2000円のクーポンがもらえました。)

1つ注意点が・・・

クーポンの番号を忘れてしまうと買い物のときに使えません。prime studentの特典が記載されているページを見つけたら、クーポンの番号をしっかり控えておきましょう。また、利用条件もきちんと読んでください(購入総額が〇〇円以上でないと使えない、などの制約があることがあります)。

4.卒業したらどうなる?

アマゾンの規定ではprimestudentは最長で4年半(無料期間含む)、卒業年の更新月まで利用することができます。

 

しかし4年半の間に卒業してしまうこともあるでしょう。とくに単位履修生の立場では1年2年で学籍が切れてしまうことも。そんな場合はどうなるのでしょう。

結論から言うと、学籍が切れた時点でprimestudentの会員資格はなくなってしまいます。

ただし更新時に学籍が切れていなければ、次の会員期間内に学籍が切れてしまっても更新を行うことができるようです。

つまり

9月末に学籍が切れるので、9月末までにprimestudentの年間会員になる手続きをした→OK 残り1年間primestudent会員になれる

ということらしいです。

登録時に正確な卒業年数を入力していない場合、卒業した後も4年半はprimestudentを利用し続けることもできるようですが、時折アマゾンから学生である証拠を確かめるための問い合わせがあるそうで、これにパスしなければ資格がなくなってしまうとのこと。

 

まとめ 学生身分を手に入れたら、一度はprime studentを体験してみよう!

社会人になってから学生の身分が手に入るのは貴重な経験。せっかくですからprime studentを使いこなして、学費を節約し、楽しいスクールライフを送りましょう!

 

登録は↓からどうぞ!

 

 

 

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

↑お気に召したらどうぞクリックをお願いします。