こたつねこの勉強部屋

こたつねこの勉強部屋

独学の記録。

MENU

close
×

ブログについて

 

 

 

このブログは、製作者の独学の記録です。

インターネットや通信教育が発展した今日、学校に通ってたくさんのお金を払わなくても、独学のノウハウさえあれば、格安の料金で資格の勉強ができたり、知識を増やしたりできる時代になりました。向上心はあるのにお金がなくて資格取得を断念している人、通信大学に入門したけれど独学に慣れなくてぜんぜん勉強が進まない人、そんな人たちの助けになれれば幸いです。

ちなみに製作者は社会人になってからの勉強はほとんど自室の万年コタツで行っております。ホームページタイトルはそこから。小学校から使っていた学習机は参考書の山に埋もれて本棚と化しました。

 

 

最初に近畿大学通信教育部で学んだ司書課程、司書教諭課程のレポートを上げていこうと思います。参考文献のめぼしいものには一言メモをつけたのでこれもお役に立てればと思います。カテゴリ「司書 レポート」「司書教諭 レポート」からどうぞ。

 

それから、近畿大学通信教育部を受講するに当たっての注意点というか、事前に知っておきたかったと自分が思う情報について書いておきます。カテゴリ「近畿大学通信教育部」「通信教育の受け方」からどうぞ。

 

日商簿記2級の合格体験をアップしました。カテゴリ「日商簿記2級」からどうぞ。

 

保育士試験の合格体験をアップしました。カテゴリ「保育士試験」からどうぞ。

 

独学勉強のお供に…

★amazonstudentは通信制の大学生でも登録できるサービスです。無料お試し期間はなんと半年お急ぎ便などのサービスが使い放題、特典のポイントももらえてお得です。

参考書や教科書を買うと機に利用すれば10%のポイントがもらえます。節約勉強のお供にしてください。

 

※「こたつねこの勉強部屋」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

※「こたつねこの勉強部屋」は第三者配信の広告サービス「A8.net」を利用させて頂いております。

※「こたつねこの勉強部屋」は第三者配信の広告サービス「もしもアフィリエイト」「バリューコマース」を利用させて頂いております。


※これらのアフィリエイト・プログラムによるリンク先の商品・サービス等は、当サイトが管理・運営しているものではありません。商品やサービス等に関する損害やトラブルは、ご購入先の各店舗・サービス元にお問い合わせください。当サイトでは責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

基本情報技術者試験:10進数小数→2進数、2進数→8進数、2進数→16進数の理由

フリーの仕事がIT関係のものが多くなってきた。なんとなく用語を知っているだけでは物足りなくなってきたのでITパスポートでも受けようかと思ったけど、どうせ同じ値段ならもう少し詳しくて価値がありそうな基本情報技術者試験の方にしようと考え直す。プログラミングの復習もできそうだし…。

 

使っている参考書はこちら。

 

ネコちゃんイラストが可愛い。すっきりとまとまっていて勉強しやすい。ベストセラーの名は伊達ではなかった。過去問が良い塩梅でついており、買ってよかった。

 

1つ困ったのが、解法の意味の解説がシンプルすぎてなぜそうなるのかわからないときがあること。数学好きとしては、理解できていない解法を丸覚え出来ない。

でもいろいろ調べても丁寧に解説している人が見つからない。仕方ないので、自分で考えた結果をメモしておく。

2進数の小数点以下の基数変換

例えば、0.75(10進数)を2進数に変換する。

0.75×2=1.5...※

0.5×2=1.0

小数点以上の数だけ拾っていけばいいので、0.11が答え。

今回は、なんでこれで小数点以下が2進数になるのか?を考えたメモを残します。

※より0.75=1.5÷2=1.5×2^-1=1×2^-1+0.5×2^-1...① 

赤いところは2^-1に変換できてないのでさらに計算する

0.5=1.0×2^-1だから①に代入して

0.75=1×2^-1+0.5×2^-1=1×2^-1+(1.0×2^-1)×2^-1=1×2^-11×2^-2

ちゃんと、2進数の小数点以下の形に表現できました。小数点以上の数は2進数として確立したから拾って、小数点以下の数はまだ2進数として表現できていないからもう一度2を掛けるってことだね。

2進数を8進数に変換する

2進数を3桁ずつ区切ると8進数に変換しやすいらしい。

0111 0111(2) 

3桁ずつにならないときは、頭に0を付ける。

00111 0111

3桁ずつ考えると

111=1×2^2+1×2^1+1×2^0=7

次に青のところなんだけど…青の最後の位0は2^3にあたる。つまり8進数でいえば位が上がるところになる。

フリーハンドだと絵が汚いなあ…。

11 0=1×2^2+1×2^1+0×2^0=6 

なんだけど実はこの式は

11 0×2^3=(1×2^2+1×2^1+0×2^0)×2^3のことだから6×2^3で8進数の1つ位が上がった数字を示しているんだね。

赤いところも同じ。 

001×2^6=(0×2^2+0×2^1+1×2^0)×2^6=1×2^6

答えは167(8)

2進数を16進数に変換する

この場合は4桁区切りになる。

0111 0111(2) 

011 1=0×2^3+1×2^2+1×2^1+1×2^0=7 

2^4=16なので、この4桁部分2^3以下が16進数の1の位にあたる。

次に16進数の1つ位が上がった部分の計算。

0111=0×2^3+1×2^2+1×2^1+1×2^0=7 

でもこれは本当は、

0111×2^4=(0×2^3+1×2^2+1×2^1+1×2^0)×2^4=7×2^4

のことである。 

2つの桁を合わせて77(16)

来年の目標を整理しておこう

f:id:koikoiplus:20211205203012j:plain

もう12月、今年もいっぱい頑張ったと思います。

 

現在、パート+フリーランスで仕事をしています。

2年前、職場で副業が解禁され、これを機にフリーランスの仕事に本腰を入れることにしました。

 

それから2年がたち、ありがたいことにフリーランスの収入が徐々に伸びています。

そこで、現在パート7、フリーランス3だった時間配分を、4:6ぐらいにひっくり返すことを考えています。

来年は、パートの時間を減らしてみようと思います。

もちろん、フリーの仕事はいつも契約があるとは限らないため、一気に収入ダウンする可能性もあります。

しかし、仕事をしていて、おもしろいのは、やりがいがあるのは断然フリーの仕事の方なのです。

また、現在はリモートでできる仕事がたくさん出てきています。今手掛けているものだけではなく、別の仕事にも興味がある物が山ほどあります。スキルを身に着けつつ、いろいろな物に挑戦していける来年にしたいです。

 

さしあたって、来年に挑戦したいことを書いておこうと思います。

電子書籍出版

Amazon kindleでの電子書籍を出版したいと考えています。FP試験のノウハウ本や、副業関係の本、金融教育の本などを出したいです。

Webコーディング勉強まとめ+ポートフォリオづくり+簡単なものでもいいからお仕事受注

現在教材への挑戦が中途半端になっているので、これを完成させポートフォリオを作りたいです。Web系の勉強はずっと続けているので、もう少し仕事に近づけたいです。

VBA復習+ポートフォリオづくり

VBAもずっとやっていて、実際仕事にも役立っているので「こういうことできます」というアピールがしたい。おそらく、コーディングよりVBAの方が向いていると思います。パワポの扱いも学習したので、広くオフィスソフトでつかえるVBAを身に着けたい。

パワポのお仕事をやってみる

今年ちょっとしたきっかけから初めてパワポ触って、「おもしろ~い」ってなりました。その後操作を学習しまして、また「おもしろ~い」になりました。パワポでの学習教材づくりや、パワポ作成代行の仕事などを受注したいです。

Scratch作品作り

Scratchの作品が中途半端になっていたので、これを完成させたい。プログラミング教育の道も楽しそうなので、頑張りたいです。

ネット家庭教師

やっぱり勉強を教えるのが好きなんだなあと実感した今年。ライターの仕事でもネット家庭教師を調べる機会がありまして、もう一度家庭教師に挑戦したくなりました。遠隔での教育が注目を浴びる昨今ですから、フィールドも広がっているように思います。


フリーランス保険の検討

フリーランス系の保険に入ろうと思います。収入のバランスでフリーの仕事が大きくなる以上、万が一には備えたいものです。現在はフリーナンスが魅力的に感じています。

 

今手掛けているフリーでの仕事と投資は引き続きやっていきたいです。今年の投資市場は散々でしたが、なんだかんだで売買損益は+になっているので…。抱負は「欲をかかない」ことですかね。

 

ここに書いたどれだけが実現できるか分からないですが、充実した来年となることを願って…。

 

『ヒトラーユーゲントの若者たち』を読んで…。「人が本当に死ぬのは人に忘れられたときだ」

『あのころはフリードリッヒがいた』『アドルフに告ぐ』などナチス関連の書籍を時々読むのですが、今回はこちらの本を図書館で偶然見つけました。

 

 

ヒトラーユーゲントの若者たち 愛国心の名のもとに』S.C.バートレッティ著 林田康一訳

児童書の棚にあったので、一応児童書?アメリカの元教師が書いた、ヒトラーをあがめる少年部隊「ヒトラーユーゲント」のお話です。

読んだ感想を少し記録しておこうと思います。

子どもの洗脳

著者はヒトラー政権下で生きた人ではなく、様々な調査によってこの本を書いていますので、『あのころはフリードリヒがいた』のような生々しさは極力抑えられているように見えます。残忍な描写はありますが、客観的な立場で書かれているので途中で読むのが耐えられないということはなかったです。(『フリードリヒ』のリヒター三部作は、読んだ後の虚無感がひどかった。)

されど、ヒトラーが子どもたちの気持ちにいかに取り入っていったのか、という部分には恐怖心を覚えざるを得ませんでした。

 

経済危機の中の、大人への不信感を利用され、「未来は君たちが作るんだ」と呼びかけられて高揚感を得る子ども達。キャンプやスポーツ、ゲーム、カッコいい制服、武器の数々に魅了され、仲間意識を強めるうちにいつの間にかヒトラーの信望者に仕立て上げられていく。

 

ヒトラーの恐ろしいところは、このように人の心に付け込むのが無茶苦茶上手いところです。仮に彼がこの世にいたら、SNSを駆使して大きな人気を得ていたでしょう。

 

普通の人たちが、占領地の家族を追い出し、ユダヤ人の虐待に自主的に参加するというおぞましい真実。「流される」ことは、実に恐ろしい。愛国心、国のためというのは魔法の言葉でそのためにはすべてが許される。

ナチスに動いた若者

ただ、この本では反ヒトラー勢力として動いた若い学生の活躍も良く書かれています。自分の頭で考え、大人の指示ではなく自らの意思でナチスに抵抗した彼らは、本当にすごい。また、軍が巨大な権力を持つ状況にありながら、「高齢者の安楽死」には多数の市民がこぞって反対し、ヒトラーの意思を折ったという事実にも感嘆しました。

ドイツ兵は捕虜になれる

さて、ドイツはロシアの寒さに圧倒され、だんだん戦況が不利になっていきます。最終的に連合国軍に負けるドイツですが、ヒトラーユーゲントは最後までヒトラーを信じて戦います。しかし、戦車の大群が迫った時、彼らは降伏します。

 

SS装甲師団長、クラースは部下の若い兵士に最後の挨拶をします。

捕虜になっても、またドイツ再建の際にも、同志としての友情の精神を持ち続けることによって、亡くなった同志たちの記憶を大切にしつづけてほしいと頼んだ。

ヒトラーユーゲントの若者たち 愛国心の名のもとに』S.C.バートレッティ著 林田康一訳 P194より

 

 

あれほど愛国心に固まったドイツ人でも、捕虜になることを受け入れているんですね。日本兵は自決のイメージが強いので、捕虜になるという結末が逆に印象的でした。

ヒトラーはいつ死ぬのか

本書とはあまり関係ないのですが、ヒトラー関連の本を調べると山ほど出版されているのが分かります。

「人が死ぬのは人に忘れられたときだ」という考え方があります。

 

漫画「ワンピース」Dr.ヒルルクの名言が有名ですが、元ネタがあるとかも聞きます。他の漫画でも時々登場しますね。

 

私は時々思うのですが、もしこの考え方で行くと悪名の高い人間ほど、長生きなのではないでしょうか。

 

前項よりは悪行の方が忘れられないもの。特に、ヒトラーは歴史上最大級の虐殺を行った人物です。フィクション、ノンフィクションに関わらず、様々な作品が作られています。この先長い間、人類は彼の名を忘れることはないでしょう。

 

忘れられたときが本当の死なら、ヒトラーはいつ死ぬのでしょうか。

 

 

※ちなみに、Dr.ヒルルクのあのシーンにはとても感動しましたし、「ドラム王国篇」はワンピースの中でも大好きな話です!「ワンピース」を批判しているわけではありません。

FP2級試験、無事に終わりました!

f:id:koikoiplus:20200729221811j:plain


9月12日、FP試験を無事に終えることができました。

地元のコロナ感染者はココのところ落ち着いてはいましたが、またまた試験3日前に身近なところで感染者がでて、危ないところではありました。

 

今回の試験は前回の会場と違って大学構内でしたが、キャンパス構造が複雑すぎるし、エレベーターは狭いしで試験会場入りするのが大変でした。おまけに冷房がききすぎていて、寒い…。

 

+試験中に先週仕事であった嫌なことがフラッシュバックしてきたりして、なかなかハードな環境ではありましたが、自己採点の結果は無事に合格点を上回っていました。

 

学科53点、実技80点以上(配点基準がよく分からないので曖昧)の予定です。

 

FP試験に実際に合格していたら、お金の本についての電子出版をしてみたいというのが私の今の夢です。

 

難易度については、学科・実技ともによく分からないイレギュラーな問題が出ていましたが、毎回「捨て問」的なものは出てくると覚悟していたので、そこまで動揺はしませんでした。

 

金融政策の方針などは、まったく分からなかったのですが、「国債金利が0.5%なんて、そんなに利率がいいはずあるか」と思って×にしたら案外あっていたのはびっくりしました。

 

逆に自信があった問題が間違っていたりしたので、難しいものです。

 

あれだけ詰めた投資信託の普通分配金や、私立国立大学の学費グラフなどが全くでなかったのはちょっと残念でした。

 

ところで、FP3級、FP2級と渡って

fp2-siken.com

過去問ドットコムさんには大変お世話になりました。問題の絞り込みができるので苦手箇所を集中して解くことができますし、解説も無茶苦茶充実しています。有料でも十分なぐらいのサービスですが、無料で利用できるのがまたすばらしい。掲示板での交流も盛んで、みんなと励ましあいながら勉強している気分になれました。管理人さんのレスポンスも早い。

過去問.comのおかげで、FP2級は問題集を買わずに終わりました。

つまり、かかった学費は参考書1冊だけ。

使った参考書は、日本経済出版のこちら。

 

<

可愛いキャラクターが登場するわけでもなく、出る順に項目が並んでいるわけでもない「教科書」的な参考書。おそらく書店で手に取っただけでは選ばなかったでしょうが、Amazonの評価が高かったので購入してみました。

 

これが正解でした。

 

図が分かりやすいですし、出題ポイントはしっかり押さえている。過去問で引っかかったところを調べると、大体の部分は誌面でカバーしていたと思います。そこまで分厚くないのに、守備範囲が広いのはありがたい。FP試験は過去問も大事ですが、ノーマークの部分がいきなり出題されたりもするので、何回も繰り返し読める暑さの参考書が大事です。

このコンパクトさだったからこそ、試験までに3回も読み返せたのだと思います。

 

結局、(自己採点の結果が正しいなら)1980円でFP2級に合格できたことになりますね。今回もコスパよく資格が取れてほっとしています。

 

今日の残り時間は、衝動買いしたこの本でも読みながらゆっくり過ごそうと思います。

 

 

FP2級の貸借対照表問題

 続いて、貸借対照表の問題を作りました。

 

f:id:koikoiplus:20210707192230p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで、計算問題として作りましたので、「現実にはこんな財務諸表にならないよ~」という場合はごめんなさい。

 

たつねこ社の期末時点での貸借対照表は次のとおりです。(浮いているので、そのままスクロールして大丈夫です。スマホで見ている人は、PC表示に切り替えてください。)

 

 

※期首の自己資本は1000で、負債は2000です。

※年間の純売上高(売上値引きや売り上げ戻りを引いた売上高で、損益計算書上の売上)は500でした。

 

問1 自己資本利益率ROE)を求めなさい。

 

自己資本利益率とは、自己資本でどれだけ利益を上げられたかを測定する値です。

当期純利益÷自己資本(期首・期末平均)×100で求められます。

当期純利益は資本の増加(もしくは減少)によって求められるので、期末資本1500-期首資本1000=500となります。

500÷{(1500+1000)÷2}×100=40%

ちなみに、自己資本利益率は株式の評価でも出てきます。その時は分母と分子を発行部数で割って、1株当たりの当期純利益自己資本に直して計算します。分母も分子も同じ数で割る=ROEの答えは同じになります。

 

問2 総資本利益率ROA)と使用総資本事業利益率(ROA)を求めなさい。なお、営業利益は200、受取利息は50であるとします。

※どちらもROAであることに注意!

 

総資本利益率ROA

当期純利益÷総資本(期首・期末平均)×100で求められます。

総資本とは借入金(負債)+自己資本のことです。

500÷{(3000+3000)÷2}=約17%

使用総資本事業利益率(ROA

事業利益(営業利益+受取利息や受取配当)÷総資本(期首・期末平均)×100で求められます。

250÷{(3000+2000)÷2}=10%

 

問3 流動比率を整数の範囲で求めなさい。

 

 短期返済しなければならない負債に対して、短期=1年以内に回収できる資産がどれだけあるかを

表した値です。

 

流動資産÷流動負債×100で求められるので、1000÷900×100=約111%

ちなみに、100%以上が望ましい値です。

 

問4 固定比率を整数の範囲で求めなさい。

 

固定資産(回収に時間がかかる資産)÷自己資本×100で求められ、低いほど望ましいです。

2000÷1500×100=約133%

 

問5 固定長期適合率を整数の範囲で求めなさい。

 

固定資産÷(自己資本固定負債)×100で求められるので、2000÷(1500+600)×100=約95%

自己資本固定負債のような安定した資金で、回収に時間のかかる固定資産がどれだけ賄われているか表します。100%以下が望ましいとされています。

 

問6 負債比率を求めなさい。

 

(流動負債+固定負債)÷自己資本×100で求められるので、1500÷1500×100=100%です。返す必要のない自己資本と、返す必要のある負債の比率を求めるもので、低いほど良いです。

 

問7 自己資本比率を求めなさい。

 

自己資本÷総資本(純資産+負債)×100なので、1500÷3000×100=50%です。高いほど健全です。

 

問8 総資本回転率(回/年)を求めなさい。

※期首の自己資本は1000で、負債は2000です。

※年間の純売上高(売上値引きや売り上げ戻りを引いた売上高で、損益計算書上の売上)は1500でした。

 

年間の純売上高÷総資本(期首と期末の平均)×100なので1500÷{(3000+3000÷2)}×100=50% 

高いほど、効率よく資本を使っていることになります。

 

問9 総資本回転期間(月)を求めなさい。

 

 

総資本回転率の逆数×12で24月となります。

 

問10 売上債権回転期間と棚卸回転期間(ともに月基準)を求めなさい。

※期首の売掛金は50、受取手形は100、棚卸資産は100でした。

※年間の純売上高(売上値引きや売り上げ戻りを引いた売上高で、損益計算書上の売上)は1500でした。

 

売上債権回転期間=売上債権(期首と期末の平均)÷年間売上高×12

売上債権とは売掛金受取手形のことなので

{(150+350)÷2}÷1500×12=2

棚卸資産回転期間棚卸資産(期首と期末の平均)÷年間売上高×12なので

(200+100)÷2÷1500×12=1.2

共に短い方が効率よく仕事が回っていることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FP2級試験の損益計算書計算問題

f:id:koikoiplus:20190810210043j:plain


FP2級とFP3級の試験範囲は結構似ている、というのが勉強を始めての感想です。しかし、当然2級の方が範囲が広いわけで…。

今回はFP2級特有の企業向け計算問題について、過去問を参考にしつつ、オリジナルの損益計算書に関わる練習問題を作成しました。

 

たつねこ社の損益計算書

売上高 500  
売上原価 200  
A 300  
販売費および一般管理費(人件費等) 60  
B 240  
営業外収益(受取利息や受取配当等) 300  
営業外費用(支払利息等) 150  
C 390  
特別利益(固定資産の売却など臨時の収益) 50  
特別損失(災害被害など臨時の損失) 20  
D 420  
法人税及び住民税額 10  
E 410  



問1 A~Eに当てはまる語句を答えましょう。

 

A 売上総利益(粗利益)

B 営業利益

C 経常利益

D 税引前当期利益

E 当期(純)利益

 

問2 売上高営業利益率を求めましょう。

 

 

営業利益÷売上高×100なので

240÷500×100=48%

 

問3 売上高経常利益を求めましょう。

 

 

経常利益÷売上高×100なので

390÷500×100=78%

 

問4 限界利益率を求めましょう。

 

限界利益率は売上高に対する売上総利益の割合なので

300÷500×100=60%

 

問5 損益分岐点売上高を求めましょう。ただし、変動費=売上原価、固定費=販売費および一般管理費として計算してください。

 

 

 

費用には、変動費と固定費があります。変動費は売り上げが多ければ多いほど増える費用(仕入高や仕入れの経費)で、固定費は売り上げに関係なくかかる費用(電気代や人件費など)です。

売上に対する変動費の割合を「変動費率」と言い、変動費÷売上高で求めることができます。売上高×変動率で変動費を求めることができます。

仮に、100万円の売り上げに対し、変動費が50万かかるなら、変動率は50÷100×100=50%。このことから、200万の売上が出たら、200×50%(変動率)=100万円の変動費がかかるとわかります。

たつねこ社の損益計算書を見ると、売上高500に対し売上原価=変動費が200なので、変動費率は200÷500=0.4です。

 

ここで、損益分岐点について考えます。

損益分岐点売上高というのは、「売上高=全費用」となる売上高。つまりもうけもなければ損もない、トントンの状態を表しています。損益分岐点売上高をXとおくと、次の等式を満たすXを求めればよいことになります。

X=変動費+固定費

変動費は売上高×変動費率で求められたので

X=(売上高×変動費率)+固定費=(X×変動費率)+固定費…①

と書き直します。分かっている数字をあてはめると

X=0.4(変動費率)X+60(販売費および一般管理費

これを解いて

X=60/0.6=100が損益分岐点売上高となります。

ちなみに、損益分岐点売上高を求める公式は

固定費÷(1-変動費率)

1-変動費率=(売上高-変動費)÷売上高=売上総利益÷売上高=限界利益率であることから、上の公式は

固定費÷限界利益率ともいえる。

とされています。

この式は①を以下のように変形していくことで導くことができます。

X=(X×変動費率)+固定費

X-(X×変動費率)=固定費

X(1-変動費率)=固定費

X=固定費÷(1-変動費

 

参考元:

kawtax.jp

 

FP2級の参考書には、こちらの本を使っています!損益分岐点売上高については残念ながら掲載されていませんが、コンパクトにまとまっているのに解説が丁寧でよみやすいです。試験範囲が広いので、最低限を教科書で抑えつつ、過去問を解いて知識を付け足していく形で勉強しようと思います。あと、3級の復習も大事ですね!

 

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

↑お気に召したらどうぞクリックをお願いします。