こたつねこの勉強部屋

独学の記録。

青色申告ソフトなら、コスパ最高の「わくわく青色申告」。

先日、修正申告の控えが送られてきました。とくに税務署から連絡もなく、無事修正申告も確定申告も終わりホッとしています。

 

今回は、私がお世話になっている青色申告のソフトを紹介しようと思います。

青色申告は最大で65万円の所得控除が受けられるというメリットに対し、複式帳簿での帳簿付が義務付けられています。複式簿記のつけ方を学ぶには、日商簿記の資格を取るのが一番手っ取り早いと思いますが、実際に帳簿をつけるには簿記試験のように手書きで記帳するのはすごく面倒です。実際、現在のビジネス現場で経理の仕事はほとんど経理ソフトを使っているはずです。もちろん、自分で確定申告をするときも経理ソフトを使うのが一番手っ取り早いです。経理ソフトを使えば、各種勘定元帳、伝票などさまざまな形式で入力ができますし、貸借対処表、損益計算書も自動で作成してくれます。ソフトのサポートセンターにちょっとした経理上の疑問を質問できるのも心強いですよ。

 

さて、それではどの青色申告ソフトを選んだらよいのか。

実は青色申告ソフトは結構ランニングコストがかかります。毎年、税法などが改正されるのでそれに対応すべくソフトのバージョンアップを頻繁に行う必要があるのです。バージョンアップのたびに更新料を取られるので、ソフト購入後も何回もお金を払うことになります。そのため、ソフトを購入するときはソフトの代金だけでなく、更新料(ランニングコスト)も視野に入れてソフトの比較を行った方が良いでしょう。

私がお勧めしたいのは、こちらのソフト。ピクシスの「わくわく青色申告です。

 

こちらのソフトは、まず最初の価格が安いです。10000円を切っているのがありがたい。その分、サポートがメールとFAXのみ、確定申告の手続き自体は税務署のe-Taxを利用しなければならないというデメリットはあります(ソフトによってはソフト内から確定申告できるものがある)。その分、サポートのための保守契約や別料金はいらないです。サポートが充実している青色申告ソフトは、サポートのための別料金が必要だったりするものですが、こっちは無料。メールで何度でも質問できるので、聞きたがりの私には安心。ユーザー登録しておけば、帳簿付けに役立つ情報を定期的に送信してくれます。

また、更新料はとても安いです。というか軽微なアップデートは無料でしてくれるのもこのソフトの良いところ。実際毎年のようにアップデートが必要なわけではありません。

さらに良いところ!このソフトとても動作が軽いんです。私はパソコンの価格をケチっていることが多いので、使っているパソコンのスペックは総じて低いです。機能が多い青色申告ソフトはインストールだけでかなり時間がかかるのはNG。ソフトの多くは無料体験版を公開しているので、いろいろ試してみればよいのではないでしょうか。「わくわく青色申告」の軽さが分かると思います。

 

ネット必須じゃないのも便利ですね。最初、青色申告ソフトを導入したときはインターネットがものすごい不安定な環境で動かしていたので、インターネットにつながっていないと起動してくれないようなソフトは論外でした。「わくわく青色申告」はその点も私に向いていました。

 

e-Taxの操作が自力でできる人にとってはとてもコストパフォーマンスが良いと思います。青色申告書だけ作って税務署に行けば,その場で職員さんが手伝ってくれて申告書を作ることもできますしね。ある程度自分で動ける人は、「わくわく青色申告」で十分なのではないでしょうか。

では、「わくわく青色申告」の良いところまとめです。

・ソフトの金額が安い

・動作が軽い

・インターネット不要(アップデート情報の取得などにはインターネットにつないでいる必要がありますが、普段の記帳には必要ないです)

・サポート料無料(メール・FAXで何度でも質問可)

・有料アップデートの回数が少ない

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

↑お気に召したらどうぞクリックをお願いします。